展示会最新動向

CES 2021に過去最多51社の日本スタートアップが出展

こんにちは。展示会ウオッチャーの酒井です。
世界最大のテクノロジー見本市CES 2021に過去最多51社の日本スタートアップが出展
との興味深い記事がありましたのでご紹介します。

日本貿易振興機構(JETRO)は、国内スタートアップ51社の世界最大のテクノロジー見本市CES 2021(米国・ラスベガス、会期:2021年1月11日から14日)への出展をサポートします。

今回の出展社数は昨年の2倍近くとなり、ロボティクス、スマートホーム、IoT、ヘルステック、AIなど多岐にわたる分野の企業が、コロナ対策や高齢化社会に向けた技術を含め、革新的な製品やサービスを紹介する予定です。

CES 2021は、新型コロナウィルス感染症の影響で全面的にオンライン開催となります。JETROは、デジタルプラットフォーム上で出展スタートアップが世界の注目を集められるよう、出展各社のプロダクトの魅力を伝えるPR動画やJ-Startup独自のランディングページの制作に取り組んでいます。また、メディアカバレッジや商談に繋げていくための各種メンタリングやトレーニングも実施、こうしたメニューを活用し1社でも多くの日本発スタートアップが、海外市場進出の糸口を掴めるよう支援します。

昨年の倍の参加者。PR動画制作。独自ランディングページ。メディアカバレッジ。メンタリング。トレーニング。b8ta Tokyo – Yurakuchoでのリアル出展。ライブ配信。

盛りだくさんの施策ですね。CESはオンラインシステムに多額の投資をしているとの話もあり、今後のオンライン展示会の方向性を示すものとして超期待しています。

Top